世界の麺紀行

お家にいながら、おいしい世界の麺を食べつくす!

ホッケン・ミー(Hokkien mee)とは 地域により焼きそばや汁そばに変化する麺!

f:id:usagimiyako:20210614161455p:plain

 

f:id:usagimiyako:20201107160450p:plain


ホッケン・ミー(Hokkien mee)とは何かが分かります。色々なスタイルの「ホッケン・ミー」があります。

 

 

ホッケン・ミー(Hokkien mee)とは

ホッケン・ミー(Hokkien mee)をご紹介します。

 ホッケン・ミーは焼きそばの一種です。シンガポールやマレーシアでよく食べられています。

中国の福建省の麺料理が起源で、各地で変化していきました。

シンガポールのホッケン・ミー

シンガポールのホッケン・ミーは「黄麺」と呼ばれる中太の卵麺を用い、小エビ、イカ、炒り卵、もやしなどの具を入れて炒めます。サンバルや唐辛子ペーストを加える事もあります。

マレーシアのホッケン・ミー

マレーシアのクアラルンプールのホッケン・ミーはかん水(中華麺などの製造に使うアルカリ塩水溶液)を使った黄色い太麺を用い、ラード、ダークソイソース、豚肉、菜心、キャベツなどと痛めた色の濃い焼きそばです。

福建省出身の人がクアラルンプールのチャイナタウンで屋台を開いてこの料理を出した事が発祥とされています。

 

マレーシアのペナンにもホッケン・ミーはありますが、こちらは焼きそばでは無く海老からのだしを使った汁そばになります。

 


 

 

ホッケン・ミー(Hokkien mee)のレビュー

Madam Kwan’sでホッケン・ミーを食べてみた時のレビューです。

www.miyakousagi.com