うさぎ草紙

☆子連れのお出かけや旅行が少しラクになるサイト☆

沢山表彰されていた子供は、全く表彰されない大人になりました・・。

昨晩、子供を寝かせた後、録画しておいた「君の名は」を見ました。

感動して泣いた後、しばらく美しい映像とストーリーに余韻に浸っていた私。

 

ふと、自分の学生時代を思い出しました。

 

学生時代はひたすら「認められること」に幸福を感じる

プライドの高い子だったと思います。

 

絵、作文、勉強、ピアノ全てを思いっきりやり

(運動とかは苦手でしたが)

全生徒の前で表彰されるのが大好きな子。

(実際沢山表彰されていた。)

それを親に伝え、褒められるのが大好きな子。

いつも一緒にいてくれる友達は、ありがたいことに常にいましたが

基本的には皆で騒いだりするのが苦手でした。

 

なぜそうなったのかな・・親がプレッシャー与えてた?

それとも元からこういう性格?

 

大人になってみて、思うことは

私は「自分で考えて何かをする」事がとても苦手。

「これをやりなさい」と言われたら

全力でやり、同じ事をする人の中で「一位」を目指す。

 

・・・真面目というか、バカ真面目というか。

 

社会人になると言われた事をただするのではあまり評価されないので

入社した後は全く表彰されていません。

でも真面目なので問題を起こさずずっと同じ会社で卒なく働いています(笑)。

いいんだか悪いんだか。

承認欲求が満たされず悶々としますが、

何か目立つ事をしたするのも苦手なのでこれでいいのかなとも思ったり。

 

 

実際、自分の子供たちにこうなって欲しいかというと全くそう思わない。

もっと自主的に考えて人生を進めていけるタイプになって欲しいとも思う。

 

娘はまだ6歳ですが、なんとなくそんな話を最近よくする様にしています。

「自分の好きな事を思い切りやってね」

「嫌なら嫌って言ってね」

「今何をするべきか自分で考えてみてね」

 

どのような接し方が正解か分からず毎日模索中ですが

子供の可能性を十分に引き出せるようこれからもサポートしてゆきたいです。